肱川水系 車中泊まり続き 09-05-04

朝は早めの目覚め。
少し寒いが清々しい気分である。

顔を洗い、出発。
移動し肱川水系へと向かう。

GWなので現地で場所取りを兼ねた朝食予定だ。

今日は、早めに帰るので
急ぎ朝食にする。少し雲行きが怪しくなってきた。

ここもやはり人が多い。
連れ合いと私の間に入らしてくれと
いう人もいる始末。

隣の県の人たちは、近くで釣ることに
あまり抵抗がないようだ。

090504.JPG 090504-7.JPG 090504-3.JPG

雨が降ったり止んだりの中、
ポイントを移動。

朝来る途中、餌釣りの人が居た所をやってみる。
しかしプレッシャーからか
川の隅の方で1度きりの反応。

上に居た連れ合いが呼んでいるようなので
彼女の元に行くと

深みに魚がゆらゆらと泳いでいる。
雨で活性が上がったのか底の方で
盛んに捕食活動をしているようだ。
それもまずまずのサイズ。

浮いたフライには、反応しないので
沈めて何度か流していると反応があった。


・・・・・・ん。

引きは強いが赤かった。

これがGW中、最大の魚となるとは。


090504-4.JPG 090504-5.JPG 090504-6.JPG


この川で、外道を釣ったことがなかったので
ショックは大きかった。
渓姿はいてもおかしくないのだが、
水温が低く夏も外道が釣れないと
どこぞのページに書いてあったが・・・

連れ合いに笑われながら早めの帰宅となった。

明日は、花粉症で出遅れているIさんが同行。
Iさんの初釣りはどうなるか。楽しみである。

肱川水系釣行 09-02-21

前週、愛媛県での渓流解禁を果たした。

今日は、四万十川水系を見ながらその川へ向かう。

先ずは、四万十川水系のとある上流部。

090221.JPG いつもより水量
 はあるようだ
 






そして目的の川へ。

途中、何ヶ所か工事のため時間待ち。
しかたないので時間待ちの場所へ車を止め
川へ入る。

場所的には、前回より少し上流。
天気は良いが、風が大変冷たい。

090221-1.JPG 090221-2.JPG

写真でわかるよう大変楽に入れる場所。
私にはもってこい。ここでアメゴが出ればいうことはない。

道路をみれば作業の人たちが忙しそうにしている。
年度末に向けての工事か?寒い中ご苦労である。

川は前回同様、増水濁り気味。
風が強くライズは期待できそうにない。

連れ合いにアメゴのいる所を探して来い
と言われているのでとにかくフライを流してみる。

ブラインドになっている岩横の流れに乗せ
フライを漂わせていると濁りの中から背中が見えた。

090221-3.JPG

おるやんか〜と
のっけからの反応に気を良くし釣り上がる。

強く早い流れの中も、アメゴが浮いてくる。

090221-4.JPG

見切られたり、バラしたりしながら2時間ほど経過。
今日もほとんど釣り上がっていないので
足慣らしになっていないだろう。

090221-5.JPG 090221-6.JPG 090221-7.JPG

アメゴの確認はできたので
他の川を見ながら帰ることにする。

途中、懐かしい場所を通りながら一息。

090221-8.JPG

この辺りでスキー場にも行かず
よく滑っていたのを思い出す。

谷を覗くと昨年に比べやはり水量がある。

090221-10.JPG 木葉が枯落ち
 見通しが良くなっていた







さあこの日曜日は高知県も渓流解禁!

四万十川水系へ行く予定だが、
思わぬものが手に入ったので
再度どこへいくか思案中である。

愛媛県で渓流解禁 09-02-14

いつも愛媛県での渓流解禁は
面河川水系であった。

昨年は、ガイドが凍りながらの釣りだった様に思う。

今年は、暖冬だとかで今日も気温は高めだ。

今年は愛媛県での解禁を肱川水系で迎えることにした。

皆さんそれぞれ渓流解禁への思い入れがあると思うが
私はお気に入りの場所で足慣らしを兼ねてそれで
片目が開くということない。

年券購入し(ここは年券2000円也)
楽に入れる場所へ。

愛媛県も渓流解禁し2週目なのでK川
なんぞと違い人も少ないが何人かは居た。

私が選んだ場所にも餌釣りの人が。

でもこの時期、深場しかやらないだろうと
思いしばらく見ているといなくなった。

私の目的はその上から。
ライズしそうな所の水面を見つめる。

川の様子は増水。そういえば前日は雨。
そして白濁り。
まあここは濁りはいつものことなので気にしない。

090214.JPG 入渓場所から
 下流を望む







ライズは期待できそうな感じでないので
少し釣り上がってみる。

流れの脇を流しながら、フライが強い流れにより
水面に引き込まれたとき、何かが見えた。

木の葉か?木の葉にしては大きいなと感じる。

そういえば以前、連れ合いと来たとき、
このあたりで茄子を掛けたことがあった。

少し時間をおいて狙う。

するとやはりでたアメゴ。
解禁1匹目にしては上等のサイズ。

2時間ほど釣り上がるが距離的には短く
反応があったのが4回ほど。

その後、下流の様子を見に移動するが、
下流に行くほど道路と川が離れていくのを
忘れていた。

090214-2.JPG 090214-3.JPG 090214-4.JPG


私には手の出ない場所なので再度戻るきにもならず
とりあえず両目も開いたことだし
ついでに気になる川まで移動した。

ここは前回の海とついでに行きたかった川。

残念ながらこちらは水量が少なく魚の姿が
確認できなかった。

そしてここまできたついでに宿毛経由で
海を見ながら帰る。

四国半分走ったようで日曜日は休養となってしまった。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。