連休最後は近場で 10-05-05

連休最後は近場の吉野川水系へ。

四万十川水系での釣り疲れを癒しに行く。

masaくんの釣友、クマさんの作った竹竿を拝借
のんびりと釣ってみる。

普段も人が多いようだが連休中も入っただろうなぁと
思われる非常に楽に入れる釣りやすい場所を選ぶ。

今日の気分に合う竹竿にポツポツの反応。

この場所は昼間での予定だったが少々時間オーバー。

ついでに上流を少し覗いてみる。

ここでも楽に入れる場所を選択。
車を止め少し釣り上がってみるが反応がない。

林道に上がると車を発見。
反応がないわけだと思いながら
少し下がり釣ってみるとまずまずの反応。

今日は早く帰ってこいといわれているので
切りの良いところで終了。

100505.JPG 100505-2.JPG 100505-5.JPG

楽しい連休は終わったが、
高知はまだまだ盛りだくさんなことがある。

こんなこと

あんなこと

週末イベントは続くのだ。

逃した魚 10-03-31

今年は雨が多い。

ここ2日ほども雨。
週末は釣りになるのだろうか?

この雨が降り出す前日
気になることがあったので行ってみた。

3月連休最終日、少しだけやってみた場所。

今年最初のイワナの顔を見に行ったが
散々な目に・・・

少ない反応の中、バラしてばかり。

ひどいのは2回掛けたが引きを味わっただけ。

これが気になりこのポイントだけと
自分に言い聞かせ車を走らせた。


一発で出てくれた岩魚。

納得したが、バラしたときの魚が大きかったような
気がするのは釣り人の欲か。


100331.JPG

上天気の吉野川水系 10-03-14

昨日、家に帰ると連れ合いの機嫌が悪かった。

以前の住処より広くなったので
掃除が大変らしい。

日曜日に手伝うと言ってあったのだが、
一人で済ませたようだ。

ついでに最近海外ドラマにはまっているので
それをゆっくり見るため、朝から追い出された。

これはもうけたと吉野川水系へ。

入渓が楽な場所も増水気味。
川を横切るのが辛い。

行いが悪いのか、反応が乏しい。

状況が変わったのが昼ごろから。

グリーンバックのこれはというアメゴは脱走ばかり。

結局、撮れたのはチビアメゴ。

朝は寒かったが日中は暖かい釣りだった。

100314-3.JPG P3140021.JPG 100314-2.JPG

解禁前の足慣らし 10-02-21

久しぶりの更新。

今年になって海や山へ行けず
悶々とした日々を過ごしていた。

高知の渓流解禁前にgaseやんに誘われ
塾長と解禁前の足慣らしに行く。

これが足慣らしにならず
滑るこけるの連続でよれよれ。

今年も思いやられれる。

100221.JPG 100221-2.JPG 100221-3.JPG

吉野川水系 KAFF強化合宿 09-09-12〜13

連れ合いを拾い吉野川水系
上流部方面へ車を走らせる。

KAFFの強化合宿へ参加するためである。

詳しい模様はこちら

ここでキャンプはこの時以来か?

雨が上がり冷え込み強化合宿のボルテージも上がる。

しかし私は着替えを入れたバックを忘れたよう。
寒空で半袖、半パンでどうしよう。

おまけにリールも入れているし
明日は釣りができない。

gaseさんにパーカーを借り
ガソリン補給して耐えていたが
寝る準備をしている最中、そのまま寝てしまった。

090912-7.JPG 090912-6.JPG 090913-2.JPG

KAFFメンバーの皆さんありがとう。
また誘ってください。

翌日は連れ合いについて川歩き。
渇水の中、チビの反応が2回ほど。

帰って車を整理中、
忘れたと思ったバックが出てきた。

まぁこんなもんだろう。

吉野川水系 バス釣りの予定が 09-08-30

本当なら岡スエ商店のショウちゃん
バス釣りに行く予定だった・・・

残念ながら用事ができキャンセル。
ショウちゃん申し訳ない。

用事は終わったが中途半端な時間。
不在者投票は済ましているし。

どうしようかと思い穴内ダムへ。

暑い中、バックウォーターへ到着。

しかし水がない。

盆辺りはあったのだが・・・

続きを読む

吉野川水系 イワナの様子は? 09-08-14

皆さん盆休みですか?

まずはメッシュのベストで

090814-0.jpg



今日も気温が上がりそうなので
午前中は川へ逃げる。

近場の川へイワナの様子を見に行く。

台風後、増水した川も少しは落ち着いたか?

しかし漁港巡りが続いていたので
ボサの川に手こずる。

増水の名残が残る川のイワナの反応はまずまず。

しかし何匹か出た良型の写真は撮れず
フライボックスは落とすし何ともナラナイ。

帰りに穴内ダムの様子を確認。

バックウォータ付近で
フローターを浮かべてみたくなる水量だ。

090814.JPG 090814-2.JPG 090814-3.JPG

吉野川水系 今日はN氏が 09-06-21

今日は吉野川水系。
同行者はN氏。

昨日の沈事件を話しながら向かった川はここ

当然楽に入れる方を選び入渓。

N氏が最初のポイントから
私はその上へ入る。

のっけからチビの反応があるが
N氏がなかなかやってこない。

ここも水がなかったようで良く滑る。

まさか・・・

やっぱり滑ったようである。

今日も早々に退却。(帰りにN氏にダメ押しが・・・)


2度あることは3度ある。
ということでビールとお好み焼きトンテキで御払いをする。


N氏はしばらく様子みということに。
早く直してください。

皆さんも気をつけてください。


吉野川水系 水がない谷へ 09-06-13

今日は連れ合いがパスしたので一人。

何処へ行こうが迷うが、どこも水がないだろう。

週の中ごろ雨が降ったとき、T氏がよかったという
面河川水系へ行くことも考えたが遠いのでやめた。
ちなみにT氏はメキシコへターポンを釣りに行ってます。

昨年以来の川は、やはり水がない。


090613-9.JPG 090613.JPG


さあどうするか・・・続きを読む

吉野川水系 穴内ダムの様子 09-05-14

夕方、少し時間がとれたので
吉野川水系の穴内ダムの水量が
気になり覗いてみた。

雨が少なくバックウォーターはどうか
と思いながら車を走らせるが
いつのまにかアカ橋まできてしまった。

この後2度ほど雨が降ったがお湿り程度。

物部川の永瀬ダムの方も悲惨であった。


090514.JPG 090514-2.JPG 090514-3.JPG

09年最初の吉野川水系釣行  09-03-07

前日までの雨で何処へ行こうか悩んでいたが、
用事ができてしまった。

ガーミン 日本地図 英語版を格納したマップソースと
いうソフトとにらめっこしながら近場の川を探す。

090307-0.jpg GPSとPCに格納し
 ている地図。
 データーのやり取りが出来る




 


楽に入れて近い場所。の条件で川を決めた。

遊魚券購入と少しだけ様子を見てみようと
家から1時間足らずの吉野川水系へ。

昨年夏来て以来の川

しかし軽トラが1台。
川を覗くと釣人が・・・

さらに軽トラが3台ほど林道を
飛ばしながら奥へ向かった。

今更別へ行く時間も無いので
軽くやってみた。
水量は多め、そして寒い。

090307-1.JPG 090307-2.JPG 090307-3.JPG

季節はずれの巨大な蜂の巣を発見。
そして釣りを終える。

アメゴは3匹ほど。小さいが元気いっぱいで
巻き返しから飛び出した。

アメゴはそこそこいるようである。

090307-4.JPG 090307-5.JPG 090307-6.JPG

帰り道、一息つきながら
明日は何処へ思案する。

四万十川水系でライズ待ち。
そして銀化を狙ってみることにしよう。

帰ってグーグルアースで見てみると
移動軌跡はこんな感じ。

090307.jpg

さて何処でしょう?

吉野川水系 今シーズン最後の釣り? 08-09-27

吉野川水系の源流の方へ
今シーズン最後の釣りに向かった。

同行者はIさん。
Iさんは、今日が最後の釣りとなる。
私はというと今日がよければ終了予定。

そんな感じで吉野川水系源流方面へ。

しかし向かう川には各降り口付近に車が・・・
土曜日と思えないほど満員状態。
あちこち見て廻ったので時間のロスも気になる。

仕方ないので隣の川で釣り開始。
降り口のある橋上から堰堤までをやってみる。

チビアメゴの反応が少しあるくらいで
時間だけが過ぎてゆく。

そんな状況の中、気が付けばIのロッドが曲がっている。
久しぶりのアメゴの姿にIさんも笑顔に。

しかしそれもつかの間。気が付けば堰堤だ。

昼食を兼ねて最初見た川へ戻るが、
各釣り人は場所を交代しただけのようで
まだ満員状態。

近くをランニング中のおじさんと話しをしたが
おじさんも釣り人の多さにびっくりしていた。
私は、このおじさんが走っている方が驚きなのだが・・・

何か人のやった後を釣る気になれず、
今年の釣りは終了。

こっち方面も去年と比べると
今年は釣り人が多かった。

最後がこんな調子ではさびしいが、
笑顔が見れたのが何よりだった。

Iさんお疲れさんでした。
来年に期待しましょう。

080927.JPG 080927-2.JPG 080927-3.JPG

私は、こんな調子でしたが、
皆さんは、良い釣りでシーズンを終えてください。

吉野川水系 期待はずれの釣行 08-09-07

今日は吉野川水系釣行。
久しぶりにIさんが同行である。

昨日、場所によって雨が降ったため少し期待している。
久しぶりのIさんによいアメゴ、
イワナを釣ってもらいたいものだ。

いつも車を止める場所から少し先の林道で車を止める。
テジロは少ないがまだ偉そうに幅をきかしているようだ。

川へ降りると水量はよい。
がかなり涼しい。しかし水温は気にならない。

釣り始めすぐにIさんに反応があったようだ。

一人での釣りもよいが、同行者から反応が
あったと聞くのもうれしいものである。

080907.JPG 080907-4.JPG 080907-7.JPG

しかし思ったほど反応が続かず、苦戦する。

1度出ても2度目がなく、たまに掛ける岩魚もバラす。
あげく写真を撮ろうとすると脱走。

たまに釣れるアメゴは放流ありありの稚魚。

気分転換の昼食後もこんな調子。

そんな中、先行するIが流れのない深場へ
フライを打ち込んでいる。

聞けば大物が4〜5匹いたが口を使わず去って行ったよう。

そういえば去年の今頃もこの川の下流
Iさんと滝登りを見たような。
そんな季節になったのを感じながら終わる予定の場所へ。

少し時間があったので先へ行ってみたが出るがのらない状態。

こんなことなら昨日の場所へ連れて行けば
チビでも楽しめたかもと思うが仕方ない。

渓流最後の9月。1週目はこんな感じで終わった。

080907-3.JPG 080907-5.JPG 080907-6.JPG


吉野川水系 最後の日は? 08-08-31

今日は吉野川水系嶺北管内の最終日。

しかし入った川は無反応。
前日人が入った様子がありあり。

おまけに連れ合いのロッドトラブル発生。
早々に退却。車に戻る。

あきらめの悪い連れ合いが魚発見。

やってみると下へ降りる。

080831.JPG 080831-2.JPG 080831-3.JPG

しかし撃沈。

他へ廻ってみるが、思いは同じなのか先行者あり状態。

なんともしまらない最後になってしまった。

吉野川水系 今年最後の川 08-08-24

今日も吉野川水系。

この川へは、今シーズン解禁から4〜5回ほど来たようだが
今シーズン最後となるだろう。

昨年も禁漁間際に来た川である。 昨年の様子はこちら

テジロはこっち方面では多いようで
着替え中、まとわりつく。まぁ川へ降りれば大丈夫だろう。

入渓し釣り上がるが、水が少なくいつもの流れではない。

アメゴ×2 イワナ×1 が写真を撮る前に脱走。

今日の一枚目はこんなところから

080824.JPG amago080824.JPG

その後、ポツリポツリと釣り上げながら

このポイントへ

080824-2.JPG

今までここはチビがでたのみ。

いつもはもっと水量があるため底が見えないが
今日は水量が少ないためフライが見えるのか
思わぬ大物がでた。

岩の上から狙っているためどこで取り込むか考え中に
魚が下へ走ってくる。それを回り込み止めると・・・

魚がいなくなっていた。

しもうた飛び込んだらよかったなと思いながら
少しの間反省。

気を取り直し先へ進む中、ある堰堤でクルージングしている
アメゴを発見。良型が3匹いる。

しばらく様子をみて さあやろうとしたとき
何気なく後ろを見ると若いルアーマン2人。

こんにちは!どうですか?と爽やかに聞く。

ずっと私の後を釣ってきたようで、気の毒になり
その場を譲るがルアーに反応しなかった。

すこし話をしたが、彼らはここで終わり。上がるという。

別れて上流を目指すが何か釣り気がしなくなった。
頭を撥ねられるのも嫌だが、下から追いつかれるのも・・・

それにしても先行者がいないか確認せんのか?と思いながら
一人がSIMMSのベストを着ていたのを思い出す。
T氏の店のお客さんか?

ぶらぶら上流を目指し工事中の所へ。
前回連れ合いと来たときにこんな所へ堰堤か?と
思ったが、だいぶ出来ていた。

080824-3.JPG 080824-4.JPG 080824-5.JPG

作業道があるので、ここから上がることに。

なんかしまらない釣りになってしまった。
この川の今シーズン最後がこんなふうに終わった。

amago080824-3.JPG amago080824-4.JPG amago080824-6.JPG

林道へ出て歩いている中、昨日と同じようなところを
3箇所ほど刺された。

吉野川水系 テジロはどうだ! 08-08-23

そろそろ禁漁を意識しての釣りになってきた。

今日は吉野川水系でも9月に禁漁を迎える方面。
気になるのはテジロの様子。少なくなっているか?

車を止めると早速たかってくる。
しかたないので車中で着替え。

雨模様なので嫌々ながらのウェーダーに足を通す。

こっち方面は、1月ちょっとぶり。
様子はどうだろう?

080823.JPG 080823-2.JPG

テジロは場所によってたかってきたりいなかったり。

アメゴ イワナも ポツリポツリと出る。

amago080823.JPG amago080823-2.JPG amago080823-3.JPG 

iwana080823.JPG iwana080823-2.JPG iwana080823-3.JPG

この時期のアメゴ イワナは引きも良く楽しめる。

一人なので今日も早めの終了。

林道を歩きながら、気が付くとテジロに4〜5箇所ほど
やられている。

痛痒くなるだろうなぁ〜

吉野川水系 盆休みの釣りは? 08-08-16

お盆休みは餌釣り師が少ないように思う。

地元の人も盆で忙しいのか、
殺生をしてはダメと思っているのか?
あまり餌釣り師に会わない。

今日向かった吉野川水系の川。
存在は知っていたが釣ったことはない。

masaくんが良く知っていて大物を掛けている。

兵庫のOさんも去年尺上を掛けている。

このあたりの川は落差が厳しくどこからでも入渓できない。
なので当然釣ったことはない。

以前、やまひろつりぐ店主に入渓ポイントは聞いている。
明日の日曜日は釣りを休むとして
(実は女子マラソンを見たいだけ・・・)
頑張って見よう。一人だし・・・

川が見えないが空はどんどん近くなる。
こんな所を釣る人もいるんやな〜 と思いながら
車を止める橋を発見。

こっから入ったらえいんか〜
そんなに厳しゅうないやんか。
けど帰りがきついんか などと思いながら入渓。

水が少ないようだが釣りになるか。
一週間前の吉野川水系の川よりかなり少ない。

080816-2.JPG 上流部だが
 結構開けた場所もある







アメゴも流れのほとんど無いところに小さいのが見える。

ちょっとしたよい流れを発見。

080816.JPG 岩化けしフライを流す








それからアメゴがそこそこ反応を示す。

amago080816.JPG amago080816-2.JPG amago080816-4.JPG

あきない程度にアメゴが出る。

amago080816-6.JPG amago080816-7.JPG amago080816-9.JPG

川はさらに延びているが
林道にあたる所まで釣ると帰りが大変そうだ。

大物こそ出なかったがそこそこアメゴはいる。
秋が楽しみやといっても8月で終了だった。

チャンスがあればもう一度来てみよう。

後日、やまひろつりぐでmasaくんと遭遇。
店主を交えての話の中で、釣った場所と違うことが判明。
私が入渓した橋までを釣り上がるとのこと。

もう一度やり直しのようだ。



吉野川水系 昨日の続きの川 08-08-10

昨日の続きを一人でやってみようと
吉野川水系へ。

今日も昼ぐらいまでの釣行。
一人だし帰りの心配はない川だ。
これで釣れればいうことない。サイズは別にして・・・

昨日終わった所から入渓。
すぐにアメゴは出る。

080810.JPG 高いところで掛けたので
 アメゴがわかる?







しかしクモの巣は多い。
切れてフライが自分の横を流れていったのが二度三度。

我慢をしながら釣り上がると

amago080810.JPG amago080810-2.JPG amago080810-3.JPG

こんなアメゴをそこそこ釣った所で終了。
なにせ暑くなってきた。
しかしここは思ったより水量があった。

では帰りにイワナの谷を覗いてみる。

最近めっきり減ったようだが、イワナは出るか?
しかしこちらは水が無い。

080810-2.JPG iwana080810.JPG iwana080810-2.JPG

このサイズは何匹かはいるようだ。
最初ここへ来たときは凄かったんやけど・・・

林道に突き当たる区間までで終了。

こりゃー帰って昼飯が食べれるヮ。ぐらいの時間。
オリンピックでも見るか。





吉野川水系 暑い中 08-08-09

毎日暑いです。残暑お見舞い申し上げます。

暑いし雨も降ってないので、釣りも厳しいだろう?
と勝手に思い、早めに切り上げようと
連れ合いと今年初めての吉野川水系のとある川。

ここは、家からも比較的近いが釣りあれもひどい所。
途中、別の川で釣りを始めたが、連れ合いにトラブル発生。
すぐにやめて移動。

トラブルといっても単に楽に釣れる場所へ行きたかったようだ。

餌釣りの車を見かけるが本流をやってるだろうと
枝の川へ入り直ぐの場所から入渓。

080809.JPG 川はこんな感じ
 どこからでもすぐ降りれる楽な場所







ドピーカンの中、クモの巣が気になるが
かまわずキャスト。

するとまずまずのサイズが浮いてきた。

amago080809.JPG amago080809-2.JPG amago080809-3.JPG

真ん中のヤツは連れ合いが掛けたアメゴ。
このサイズは結構いるようだ。

この時期、こんな楽に釣れる場所に残っているとは不思議だ。
今日は予定通り早めの終了。オリンピックが始まっているからね〜

明日は一人なので午前中勝負で続きをやってみる事にする。



吉野川水系 二度と行かない川 08-07-27

今日は、Iさんと吉野川水系へ釣行。

渓谷散歩の中で、川へ入るとアメゴが逃げ惑い
足にこつこつと当たってきたという川。

昔の話であるが、本流もあめごがいるし
小さいのはいるだろう。あわよくば大物を・・・
と期待し入渓。

080727.JPG 入渓地点から少し
 釣り上がったIさん







先は長いしどんどん釣り上がりましょう。

しか〜し

080727-3.JPG 080727-4.JPG 080727-6.JPG 

こんな所を越えながらフライを打ってみるが
魚の反応はない。アメゴも浮いてこないし
姿も見えない。たまに見るのはモツゴ。

080727-8.JPG 080727-9.JPG 080727-10.JPG

さらにこんな所を突き進みながら釣ってみるが出ない。
Iさんは夕方予定があるので、帰り時間を逆算すると
そろそろ出渓しないとまずい。
しかし目指す出渓予定の場所までどれくらいかかるか
わからない。

すると沢が目に入った。上には林道があるはずなので
登ってみる。

これが傾斜がきつく這いもって上がる。
残りの茶を分け合うがすぐになくなり、
後は沢の水で乗り切り林道へ。

ここから1時間は歩くだろう。いやもっとかかるか?

バテバテの中、リベンジは誓わなかった・・・

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。