フライでBass

昨日の クモの巣 のイライラが嫌で、Bassを狙いに行ってみました。

しかし水不足はここにも・・・

水量は仕方ないのですが、水の色が茶色。
いつもの色じゃなく茶色。

ダムサイトはどんよりとした茶色なので釣る気がせず、他を探し何とか釣り場所を決め軽くやってみます。

一匹目ちょとお腹が引っ込んでますが

bass070617.JPG

次は、良い引きをしたこんなヤツ

bass070617-1.JPG

短時間で良い引きを味わえたので 次はもっと良いロケーションの中、
Bass釣りがができる事を期待しつつ終了です。

フライでBass

疲れが溜まっているのか、年なのか 2日続けての釣行が辛く思えてきました。

特に最近の昼夜の気温の差で体調が維持が大変です。

昨日、一人で行ったため、ポイント独り占めで?疲れたようなので
夕方、癒しのBass釣りへ行ってきました。

私は、フライでのBass釣りも好きで、梅雨時期の増水で渓流での釣りが出来ない時とか、夏場に行ったりします。

いつもの時期より早いのですが、様子見を兼ねて行ってみました。
気になるのは、雨が少ないのでいつものバックウォーターが釣りになるかです。

現場は、夕方ですがルアーマンが多く残っており、水量は少ないながら釣りにはなるようです。

最上流部しか空いてないので、そこで廻ってくるBassを待ちます。

私は、サイトで狙うBass釣りが好きでフライに食いつくまでのドキドキ感がたまりません!

少し高い場所から水面を覗くとたまにBassが廻ってくるのが見えます。

まずは、ポッパーを打ち込みますが、後を追って泳ぎながら止りプイと帰っていきます。

フライをピンクのゾンカーに換え打ち込み 流れを少し横切らせてメンディングしリトリーブ開始、Bassが追ってくるのを確認 鼻先まで来たところでポーズ。

フライが消えました。

合わせ一発。セージの5番ロッドが曲がりトルクのある重みが伝わります。

足場が高いので上流へ引っ張って行き、今年初のBassと対面です。

フライを丸呑みしたBass

bass070527.jpg

こんな感じで今年も愉しみたいものです。
フローターの出番もあるかもしれません。

高知が誇るアカメ

フライで狙っている人もいる高知が誇るアカメ
県外から定期的に釣りに来る人もいるようです。

前にも書いたアカメのフィギアを手に入れました。
これを手に入れるのにビールを15〜16本飲みました。
確立は良い方なのかなぁ〜

akamefyugia.jpg

フライで狙ってみたいアカメ

海釣りや投げ釣り、ルアーやフライでも狙うことのあるアカメ。

主な生息域である宮崎県では、条例でアカメなどの希少動植物の捕獲が禁止されているようです。
もう1つの主な生息域である、高知県で県の絶滅危惧種に指定されているアカメの釣りと保護の両立を探ろうとする、釣り人会議が開かれたようです。
高知県で、今後捕獲禁止となる可能性があると言われているアカメですが、
人気が高く、高知県以外の釣り人も多くいるようです。

その会議では、高知県在住のアカメ釣りに詳しい方の講演とか、釣り人からの生の報告があったようです。まぼろしの魚のイメージがあるアカメですが、
海釣りや投げ釣り、ルアーやフライなどでは、案外釣れているようです。
報告の中には、仲間と年間220匹釣ったと言う人もいたようで、絶滅の危機に瀕していないのでは、と言う声もあったようです。
一方では、分布域も狭く、特殊な魚であることは間違いないので、保護に関する意見も出たようです。

この会議の議事録を高知県に提出し、保護種選びの参考にしてもらいたいと話しているようです。

私は、アカメは釣ったこともなく、いつかは釣ってみたいとあこがれている魚ですが、絶滅しないことを願ってます。

フライでチヌ

今日は、日が暮れてからの出撃でした。
やっぱり、日が暮れると寒さが身に染みてきます。

いつも通り、ひたすら投げていると、たまにコツンコツンとあたりがあります。
フライを変え、リトリーブ速度を調整し表層から中層あたりを意識してトライし続けます。

ここは、鯉も結構溜まる場所でフライに当たってくるのか、フライが当たるのか?よく遊ばれたりしています。

引き潮だったのですが、とろい流れから少し流れが速くなり始めた時、
ゴンというあたりとともにフッキングしましたが、引きはたいしたことなく
足元まできて少し粘ろうとしただけでした。表層近くで釣れました。

フライで釣ったチヌ

最近は、粘りが効かず、この一匹で退散しました。

フライで久しぶりのレインボー

仕事が忙しかったため(いつもは、暇なのですが)週末も釣りに行けずじまい。
何とか時間を作ったので、久しぶりにレインボーを釣りに行ってきました。

ポンドなのですが、何人かの人が釣りをされてました。知っている顔もいて
本日の様子を尋ねてみたところ、厳しい状況とのことです。 
せっかく来たのに大丈夫かな、と思いつつ準備しながら回りの様子を見ていました。が本当に釣れていないようです。

空いている場所に入り釣り開始。魚は上を意識していないようなので、ニンフフィッシングです。フライを付けひたすらあたりを待ちます。
釣り初めて、1時間ばかり経過しましたが、あたりがありません。
でも、場所が場所だけに他にも行けないので、粘るしかありません。

そして、2時間近く経過、やっと待望のあたりがあり、なんとかバレないで
という心境で、慎重に取り込みました。引きはまずまずです。が後が続きません。また1時間ぐらい経過、2回目のあたり。でも今度は、あわてて取り込み失敗。なんという下手さ。数少ないチャンスを・・・

疲れたので、昼ごはんにしようと思い、お湯を沸かしラーメンを食しました。
久しぶりに、外でのラーメンに満足し、暖まったところで戦意喪失。
まぁ、一匹釣れたのでよしとしよう、と自分に言い聞かせながら岐路に着きました。

フライで近場の珍客

昨日、雨が降り 冷え込んだのが良かったのかスズキの活性が高かったようです。スズキ釣りは人気で、小学生から大人まで狙ってます。
橋脚まわりで魚よく見ますが、すれきって、通常パターンが通用しない日が続いていましたが、今日は、よかったです。

今日のポイントは、家から近くの川でよくスズキを狙うところです。


フライで釣ったスズキ


スズキを釣って気分を良くしていたところ、足元近くであたりがありました。一瞬強い引きがあり、リールが逆回転、ラインが少し出たのですが、
あっさり寄って来ました。が、なんか平べったい??? いったい何?


フライで釣ったマゴチ


正体は、50cmぐらいのマゴチでした。
海から、結構離れていますが、釣れた噂は、聞いたことがあります。

チヌは、よく釣れることがありますが、マゴチは初めてです。

夜釣りは、結構疲れますが、珍客に会えました。


フライでジャパニーズボーンフィシュ

今日は、友人とジャパニーズボーンフィッシュ=ニゴイ(勝手に思っています)を狙ってみました。

目指した川は、透明度が高く魚を見つけやすのですが、その分、魚から人間も良く見えるみたいで、アプローチが難しいです。でも釣れると面白いのでやめられません。

そぉ〜っと覗いてみると、よいサイズのニゴイがクルージングしています。
バレないように遠目からアプローチ。
なんとか進行方向の1メートル前にフライが落ち、そこへニゴイがやって来て見事フライを吸い込みました。

すると 瞬く間にリールを逆転させて突っ走っていくではありませんか。
すごい引きです!鯉も楽しいが、ニゴイの方が私的には楽しいような気がします。

次は友人の番。私が高い所から、ニゴイを見つけ、友人がそこにフライを打ち込む。(やっぱりボーンフィッシュみたいだ!)


友人、掛けて走られ痛恨のバラシで近くにいたニゴイが皆遠くに行ってしまいました。残念・・・・・

何回か楽しんだ後、気分を良くし 別の場所へシーバスを狙いに行きましたが
撃沈でした。

フライでスズキ

仲間の情報から、スズキが結構入ってきて姿が見えるがなかなか釣れないということなので、それでは、私がやっつけようと早朝に狙いを定め、
朝4時30に家をで近場のポイントを廻ってみることにしました。

満潮から引きのタイミングで入り狙います。気合は気合いは充分なのですが、
川に立つと、暗いし寒いし風は吹くし、で大変です。

突如目の前で、ボイルがおこりおもわずしゃがみ込みました。
心臓バクバクの状態であたりを見回してみると、何匹かのスズキがボラの子を
むさぼり喰っています。これは頂き!とおもわず笑顔になる私。

しかし、フライをあれこれ試してみるが、あたりません。
たまにあたりがあってものりません。

ボイルは約30分も続いたのに・・・・・・・撃沈!

このあたりは、連日ルアーで攻められすれているとは聞いていましたが、
これ程とは、と思いました。

ボイルも終わり、夜も明けだしたので、すごすご退散しました。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。