海釣りフライ 須崎〜奈半利まで 09-10-25

今の季節は、朝方寒く昼は気温が上がる。
おまけに鼻は愚図るしなんか調子が悪い。

そんな思いをしながらも
連れ合いと朝の寒いサーフから開始。

良さそうな雰囲気だったので
ひたすら投げ倒すが、うんともすんとも言わない。


朝の余韻が残るうち、チビ釣りに切り替える。

先週も行った場所はそれなりの反応。

連れ合いも初めてイケカツオに対面。
後は、やはりエバとコトヒキ。

091025.JPG 091025-2.JPG 091025-3.JPG

小さいが引きの違いが判ってきたようである。


浦の内をすり抜け、宇佐を見ながらさらに東へ。
市内近郊はやはり釣人が多い。

東の定番である河口で一振り。
しかしいつもの反応はない。
時間帯が悪いようだ。

あきらめの早い私が見る中
粘って数匹のエバを釣り上げた連れ合い。
セイゴも掛けたがジャンプ一発で外れた。

最後は、これまた定番の河口。
ここでもチビの反応は良かったが
何か物足りない1日であった。

091025-4.JPG 091025-5.JPG 091025-6.JPG

2日後の夕方、最後に行った河口へ
4番ロッドで出撃。

相手が小さいなら番手を落として
引きを楽しもうと浅はかな考えである。

日が落ちる頃からチビスズキの猛攻にあうが
4番ロッドでも引きを楽しめなかった。

仁淀川水系 冬季アメゴ釣場3回目 09-10-24

今日は海へ釣りに行くか悩んだが
用事を済ますことを考え仁淀川冬季アメゴ釣場へ。

gaseやんの車へ置物をし用事終了。

後は2時間ほど遊んでみる。

N氏やgaseやんに散々苛められた
アメゴの様子を伺う。

091024.JPG 

最初の1時間ほどはろくに反応もなく
相手してくれるのはハヤ、イダばかり。
合わせを入れずやり過ごすが
それでも喰いつく。

ゆっくりと上流へ移動しながらアメゴを探す。

岩と岩の間でハヤなどと一緒に
アメゴが溜まっていた。

091024-2.JPG

前回は半沈み系フライで釣ったので交換。

場所により反応が良くなってきた。

先日も思ったが、今回朱点のキツイ
アメゴいるが結構姿のよいヤツもいるようだ。

091024-5.JPG 091024-6.JPG 091024-9.JPG

最初はどうなるかと思ったが
十分楽しめたので予定通り2時間ほどで終了。

人が多いかと思ったがあまり見かけなかった。

仁淀川水系 冬季アメゴ釣場2回目 09-10-21

連れ合いと一緒のときは
仁淀川冬季アメゴ釣場へ行けそうにない。

連れ合いはエバに夢中。
私はたまにはアメゴのライズが気になる。

行けるとき行っとこかぁ〜
午前中だけということで・・・

10時到着。場所は合流点。
放流日、何回か掛けそこねたアメゴ狙い。

しかし今回も掛けたが取り込めず。

午前中勝負なので時間がない。
なので合流から小川の方へ向かうか。

その時、ガボガボと排気音を響かせ
川原にふさわしくない車が姿を見せる。


gaseやん おまん仕事しゆう。

今日はインフルエンザという答え。

冬季釣場開設翌日は病欠。
おまけに1本目が来てない
角宏ロッドをさらにやっつけるという。

gaseやんの生き方に感動。

そんなgaseやんと早々に別れ
アメゴを6匹ほど釣ったあたりで終了。


091021.JPG 091021-3.JPG 091021-7.JPG

帰ると声を掛けると
引き止められそうなので声を掛けずに帰る。

聞けばFくんも顔を見せてたようだ。

場所によってアメゴも馴染んできたみたいだし
これから楽しみである。

楽しみと言えば、北海道遠征組みの皆さん。
しっかり楽しんできて下さい。
帰ったら話聞かせてよ。

仁淀川水系 冬季アメゴ釣場 09-10-18

今日から仁淀川冬季アメゴ釣場が開設される。

仁淀川冬季アメゴ釣場詳細

先ずは先駆け前夜祭で盛り上がった。

様子はgaseやんのページで

メンバー全員揃っていないが

091018.JPG

体調不良のまま迎えた放流。

いつもの場所、そして延長された区間へ
各自放流していく。

いつもながら皆の手際の良さに感心する。

若手のびーとるさんも参加。
楽しんでいたようで良かった。

放流後、体調不良のまま
masaくん、Fくんらと
語らいながらの釣り。

ここではシーズン中と違い
そんな釣りが出来るのも楽しみの1つ。

091018 (10).JPG 091018 (12).JPG 091018 (14).JPG

091018 (18).JPG 091018 (21).JPG 091018 (23).JPG


皆さん楽しい釣りをしましょう。

海釣りフライ 放流前夜祭前に 09-10-17

明日は仁淀川アメゴ冬季釣場の放流日。

夕方からN塾長率いる集団の前夜祭。
なので体調は万全にしておかないと
彼らのテンションについていくのは大変。
なので軽めに朝1番の釣りへ。

野見湾を覗いて見たいので
その近くで小物釣りを楽しむ。

現場は河口。流れがあると
ベイトが騒がしい。

先ずは、久しぶりの対面から

091017.JPG

あとはチビエバの猛攻と極小コトヒキ、
これまた極小イケカツオ。

流れがあると次々とフライを追ってくる。

最初は表層に気を取られチビエバを釣っていたが
沈めて少しサイズアップしたエバを釣ったので終了。


091017-3.JPG 091017-4.JPG 091017-7.JPG

帰り野見湾を通り横浪、宇佐と見ながら帰る。

夕方前夜祭へ向かう予定。

段取りはgaseやんがしてくれているので
飲んで騒ぐだけ。

設営の手伝いしなくて大丈夫かな?

海釣りフライ 県西部方面3日目 09-10-12

気持ちよく寝ていたが、
気が付くと波止には釣人がいる。

暗い中陣取っている人達。
高い堤防には烏賊狙いのルアーマン。

何か釣れないかとしばらく見ていたが
竿も曲がらないので出発する。

足摺岬方面の漁港を2ケ所ほど確認。
四万十川河口方面へ戻る。

四万十川河口にある漁港入り口では
チヌ狙いの釣人が多かった。

結局最初にロッドを振ったのは
F兄弟の故郷手前の小さいな河口。

最初のヒットは今日も連れ合い。
遠めで見るとエバにしてはでかいが丸くない。

どうも連れ合いの前あたりに
魚が溜まっているようだ。
ヒラを打ったりするのが確認できる。

ここで結構遊べたので
後はゆっくり様子見ながら帰ることにする。

091012.JPG 091012-4.JPG 091012-7.JPG

何も遠くまで行かなくても
近場で釣れるが休日は人も多いし
ロケーションも違うので西へ東へ走ってしまう。

そう思いながら宇佐〜市内へ向かう中、
海岸でダブルハンドを持ち立ち向かうフライマン発見。

うれしくなり声を掛けようとするが
移動するので追いつけない。

何とか追いつき声を掛けると
顔見知りのK氏であった。

昨日、竿卸でスズキを釣って
気を良くしての2日目のようだ。

これでまた一人、海フライ仲間が増えた。

海釣りフライ 県西部方面2日目 09-10-11

お知らせ

今年も仁淀川冬季アメゴ釣場が始まります。
今年からはエントリー制でなくシーズン券、日券も発行されます。

放流前日には、西岡塾長、gase広報委員らによる
前夜祭が模様されます。
懇親目的ですので興味がある方は Welcome! のようです。

現在の参加予定者などの詳細はこちら



今日は私の誕生日。

いくつになったかはどうでもよいが
BirthdayFishと期待して
朝の宿毛から始める。

しかし風があり、いきなりのライントラブル。
そんなときにかぎって人が声を掛けてくる。

フライで何が釣れますか?

ライントラブルでイライラしていたので
素っ気無い返事を返していたが

ふとその人を見れば見覚えが。

今年の釣り始め
東部漁港で会った愛媛のルアーの人。

最近は四万十川河口にはまっているという。
また話し込んで情報交換。
まだ例年よりエバのサイズも小さいという。

この辺りで2〜3ケ所良い所を聞いて廻って見る。
これで新規ポイントが増えたがノーフィッシュ。

次へ向かう中、連れ合いが土佐清水方面へ行けという。
私は、大月の漁港2ケ所ほど見ときたかったのだが。

向かった先は連れ合いが
前回来て気に入った場所。

連れ合いは気に入った川側へ。
私は漁港内を探る。

しばらく探るが反応なし。
あきらめムードで連れ合いのいる川側へ。

はしごを上り堤防に立つと独り言が。

またきたー の連呼。

みるとエバが群がっているではないか。

ここでお互い前日の鬱憤を晴らす。
サイズは20cmぐらいまでだが
今までろくにバイトもなかったので有難い。

楽しい時間を過ごし次は土佐清水へ。

漁港内のよい場所を聞いていたので
その辺りを探って見る。

対面の堤防で餌釣りの人がタモを出した。
すくった魚は結構大きそうだ。
その周りの人が魚の名前を叫んでいる。

連れ合いに何か聞こえたか
と聞くとメッキ言うたがやない。

あればエバなら結構なサイズ。
やる気も出たところであたりがあった。

しかし我々の立っている場所へ
漁船が帰ってきた。

これからという時にやる気をそがれた気分。

仕方ないが泊まる準備もあるし終了。

091011.JPG 091011-2.JPG 091011-7.JPG

安くおいしい居酒屋を見つけ清水鯖を堪能。
祝ってくれた連れ合いに感謝しつつ2日目が終わった。




海釣りフライ 県西部方面1日目 09-10-10

お知らせ

今年も仁淀川冬季アメゴ釣場が始まります。
今年からはエントリー制でなくシーズン券、日券も発行されます。

放流前日には、西岡塾長、gase広報委員らによる
前夜祭が模様されます。
懇親目的ですので興味がある方は Welcome! のようです。

現在の参加予定者などの詳細はこちら




連れ合いも今日から3連休。
12日、岡スエのショウちゃんと海釣りの予定だったが
振られたので連れ合いと西方面へ。

どうせ行くなら三浦半島までという
連れ合いの希望を適えるためひたすら運転に励む。

とその前に河口が気になるので覗いていこうと
前回の場所で時間を使う。

091010.JPG

しかし数回のバイトのみ。
連れ合いの機嫌が悪くならないうちに
今度こそ三浦半島へ。

091010-2.JPG

久しぶりの三浦半島は愛想もソッケもなく
バイトすらなかった。おまけに大風。

今日はドライブ日和。
ついでに宿毛まで行き車中泊慣行。

うらないでは最高の日だったのだが。

2日目も期待薄か?

海釣りフライ サーフと堤防 09-10-04

渓流禁漁後、雨が降る。
もう少し早く降ってくれたらよかった。

と思いながら今日も海へ向かう。
県中央部西方面から開始。

朝は涼しくなった。今日は寒いくらい。
そりゃ半袖、半パンには無理がある。

朝一は連れ合いに譲りゆっくり支度。

一服しながら声を掛ける。

何、早釣った?

小エバながら2〜3匹釣ったようだ。

これで今日は機嫌が良いのは間違いない。


私の今日の目的は、
びーとるさんに聞いた河口。
サーフの釣りは久しぶりである。

人気の店で朝食確保後、河口へ。
この河口の存在は知っているがやるのは初めてだ。

外側を私。内側を連れ合いがやる。
風があるため苦労するが
久々に波打ち際に立った感触が良い。

気合を入れ遠投(私の遠投だからたいした距離ではない)
を繰り返す。

バイトがあるのは波打ち際。
これなら手返し良く打てる。

小エバだが、水しぶきをあげてアタックしてくる。
しばらく遊び連れ合いと交代。

しかしサーフの釣りに慣れていないので
ラインの処理に戸惑い思うようにいかない。

あまりやらすとイライラが
爆発しそうなので終了。
夕マズメにもう一度やってみるか。


091004-1.JPG 091004-2.JPG 091004.JPG

次はエバ、ダツとの勝負に向かう。
続きを読む

海釣りフライ 西の果てまでA 09-09-27

清水の港で目覚めると
天気は崩れ雨模様。

降り止みもあるかとさらに西へ。

先ずは、昨年下見した漁港。

連れ合いは知らないのだが
気に入ったようだ。特に川側が。

0927.JPG 0927-2.JPG 0927-3.JPG

エバのバイトはあるが喰わせきれない。

と突然、漁港内で激しいボイル&ジャンプ

サゴシが見事な暴れっぷり。

これは3分ほどで沈黙。

エバも諦め西の果て柏島までドライブ。

続きを読む
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。