四万十川水系 どうしようもない週末 09-05-17

土曜日はゆっくりめの出発。

場所は四万十川水系。イブニングライズが目的。
日中は目ぼしい所を叩いてみるがまるでダメ。

イブニングは、masa君とショウちゃんらが
同じ水系にいたので合流しようと思ったが
川が違うのであきらめ連れ合いと
暗くなるまで粘ってみたが・・・

ハッチもなく連れ合いはハヤと遊んでいた。

日曜日は、N氏とK谷へ。

途中、地元のI君と会いしばし雑談。
昼食を済ませ釣り開始。

I君の話では結構人が入っていたようで
いつものような反応はない。

今日はN氏に釣ってもらうことが目的で
ここへつれて来たのだが、申し訳ない反応である。

それでもN氏は数匹釣り上げていた。


090517.JPG 090517-2.JPG 090517-4.JPG


雨交じりの釣りであったが、N氏の調子が悪そうで
心配していた私も何か変だ?

鼻がムズムズ、くしゃみが出始めた。

今年は花粉が多かったようだが、
他のアレルギーもあるのか?


今日は、masa君 ショウちゃんと合流し
イブニングと思っていたが予定変更。

早めの終了。

原因についてあれやこれやと話しながらの帰途となった。


という2日間。
どうしようもない週末となった。

せめて雨量でも多かったら・・・

吉野川水系 穴内ダムの様子 09-05-14

夕方、少し時間がとれたので
吉野川水系の穴内ダムの水量が
気になり覗いてみた。

雨が少なくバックウォーターはどうか
と思いながら車を走らせるが
いつのまにかアカ橋まできてしまった。

この後2度ほど雨が降ったがお湿り程度。

物部川の永瀬ダムの方も悲惨であった。


090514.JPG 090514-2.JPG 090514-3.JPG

四万十川水系 岡スエ商店から 09-05-10

今朝は、いつもより早い目覚め。

場所は、岡スエ商店2階。
昨晩は、楽しかったが布団へ入ると即寝。

あまりにも気持ちが良いので
朝食までの間、近所を散歩する。

気になる前の川は、朝から波紋が広がっている。
元気良く水面を割るヤツも見える。


090510.JPG 090510-2.JPG 090510-3.JPG


おいしいご飯、味噌汁、焼き魚、漬物で朝食開始。
2杯目は卵カケご飯で朝からガッツリ。

これまた旨いお茶を飲みながらの雑談後、
岡スエ商店を出発。ショウちゃんありがとねぇ〜
また来ます。N氏近々どうですか?


今日はイブニングまで粘らず
早めに帰るのでさっさと開始するか。

本流の気になる所をやって見るが
早くもイダハヤの攻撃。

仕方ないのでK谷へ足が向かう。
またK谷 と連れ合いは言うが
あんたK谷で釣ってないでしょ
言いたい私。

連れ合いを説き伏せ、
昨日のもう少し下流から始める。
釣れる可能性があるのはK谷とやさしい心配り?
を何とか理解してもらえた。

090510-4.JPG 090510-5.JPG 090510-6.JPG

やはりアメゴは出る。

昨日一緒だったI君に言わすと保険の谷。
彼は、この川沿いに住んでいるので知り尽くしている。


岡スエ商店での宿泊が気分転換になったのか
連れ合いも好調。

昼飯を用意してないので早く終わるつもりが
もう少し行くという。

小さい堰が見えたのでそこで終わることにし
彼女にやらし上から見物。

ここは出るだろうというポイントで
デジカメを構えていると

本当に出た。

ちょっと良いサイズか?


090510-7.JPG 090510-8.JPG 090510-9.JPG

連れ合いも納得したのでここで締める。

楽しめた2日間だったが、
やはり雨が欲しいところだ。

四万十川水系 イブニング狙い 09-05-09

今日も四万十川水系へ連れ合いと出没。

今年は四万十川水系と心中?の覚悟。
他の河川も気になるが・・・

メインは、岡スエ商店のショウちゃんとの
イブニングライズの釣り。

連れ合いが夜の釣りに目覚め
やる気マンマンである。

夕方から出発という連れ合いを説得。
休日にイブニングだけというのももったいない。

向かった先は、K谷。
連れ合いには、またK谷と言われるが
アメゴの魚影は濃い。タイミングが合えば
大物も期待できる。
しかし今はその時期ではないようだが。

最初Oさんと来てから何回目になるだろう。
水は更に減り、深みにアメゴが溜まっている。

090509.JPG


先行する連れ合い。 
気のせいかK谷で釣ったのを私は見ていないような。

夜に備えて体力温存を図っているのか
いつもより あんたやりや
の場面が多い。

やらしてもらうと

090509-2.JPG 090509-3.JPG 090509-4.JPG

GW中も結構釣り人を見かけたが
厳しいと思われる条件でもこんな調子で釣れる。

2時間ほどでK谷を終え昼食を済ませ
岡スエ商店へ向かう。

本流筋を見ながらショウちゃん家へ到着。
夕方までの時間つぶしをまったりした気分で過ごす。
前の川は相変わらずの賑わい。魚も釣人も・・・


連れ合いが角宏ロッドを持ち前の川で遊んでいたが
そろそろ移動を始めるか。

目的の場所は、ここから40分ほどの所。
関西からの釣人NさんKさんが
ライズに当たったというポイント。
この時は、雨と雷で大変だったらしい。

到着後、各自良さそうなポイントで様子見。


090509-5.JPG 090509-6.JPG 090509-7.JPG


少し経ってショウちゃんの同級生が現れる。
I君は以前、もう少し下流で会ったルアーマン。

彼が釣った銀化アメゴたちが
せっせと四万十川水系へ通うきっかけになった。
ショウちゃんの同級生と知ったのは最近の事。

心強い助っ人も現れたが、
まだハッチも少なくライズもない。

ショウちゃんとI君は、私達のためライズを探しに
足場の悪い川原を行ったり来たり。

様子見に私の所へ来たとき、魚が跳ねる。
この頃から、カゲロウ トビケラ カワゲラが目につきだした。

変化のない水面を立ったり座ったりしながら
眺めていた連れ合いを呼び場所を譲る。

090509-8.JPG

ライズした場所が判るとそれを狙うが
気持ちが焦るのか3回ほどトラブルに。

30分ほどで状況は一変するがライズは散発。

気が付けば辺りは暗くなり

消沈・・・


しかし連れ合いは、ヒゲナガが纏わり着くなど
経験していないので興奮気味である。

ショウちゃんは、申し訳なさそうにしているが
こればかりは仕方がない。
イブニングのドキドキ感を味わえただけでも良かったし。

I君と別れ雑談しながら帰る方向は岡スエ商店。
家に帰ると2時間ぐらいかかるので楽である。

到着後、風呂にビールおいしい食事が待っていた。

四万十川水系 GW最後の釣り 09-05-06

楽しい私のゴールデンウィークも今日が最後。

最後にふさわしく? N氏に連れ合いとの釣行。

有終の日といきたいところだが
日中は厳しそうな四万十川水系。

今日は3人なので、
別れて釣りやすい所から開始。

反応もないまま、N氏と釣り上がるが
連れ合いの姿がない。

適当な所で引き返し連れ合いの元へ。

私が譲ったポイントでアメゴがでたようだ。
残念ながら取り込んだヤツは脱走した模様。

一旦上がり上流へ。
ここでは2人にやってもらうが
反応はあっても2度目はないような状態。

090506.JPG 090506-2.JPG 090506-3.JPG


車へ戻ると岡スエ商店のショウちゃんから連絡あり。
近くに居るようなので待ち合わせする。

ショウちゃんは関西からのお客さんと一緒で
ポイントを廻っているという。
関西からの釣人、NさんとKさんは
今年2回目のようで今日が最終日とのこと。
何とかよいアメゴの姿を見てもらいたいものである。

雑談後、ショウちゃん、Nさん、Kさんと別れ
3人で釣りの釣場に向かう。


昼食後、開始するが期待のアメゴの反応はなく
イダ、ハヤの猛攻。
ここでこいつ等がでるか?という感じ。

もう一箇所ほど見て廻るが、厳しい状況は変わらない。

時間の都合で夜まで粘れないので帰る。

090506-5.JPG 090506-8.JPG 090506-9.JPG

帰る道中、ショウちゃんからTEL。

イブニングどこでやってます?

NさんKさんと別れ、あるポイントで
ライズを待つようだ。

帰っているのを伝えると、
良い魚が出たら連絡くれると言う。

これから3回ほど連絡があり、
帰ると写真まで送ってくれていた。

090506-7.JPG ヘラ鮒のようなアメゴ
 この他にも結構釣ったようだ
 
 残念ながら1番でかいヤツは
 バラシたみたい







これで週末、連れ合いとの
岡スエ商店での泊まりが決定した。

高知県東部河川 N氏の解禁 09-05-05

今日は、Iさん改めN氏との釣行。

いつもの四万十川水系へ向かう予定が、
私の所用のため東部河川に変更になる。

帰りに用事を済ますため
午後の3時くらいまでの釣りになる。

N氏は、花粉症の影響もあり
まだ渓流解禁していなかった。

楽しみにしていることだろうし
何とかアメゴに遊んでもらえればと思う。

最初は、先日アメゴがいるのを確認しているところ。

最初は、反応もなかったが
小雨交じりになり、ある場所から後は
小さいながらアメゴが飛び出すようになった。

N氏は雨に打たれながらも
アメゴの反応を楽しんでいるようだ。
しかし雨具を車に置いてきているので
切りの良いところで一旦上がり昼食後別の川へ。
ここではお互い何匹か掛けるがノーフィッシュに終わる。

次の川も先日様子を見ているが、
今日は少し下流をやってみる。

090505.JPG 090505-2.JPG 090505-5.JPG


2人で交代で釣り上がるが反応がない。

しかし3時ごろからパラパラと反応がありだし
N氏も待望の1匹目を取り込む。

090505-4.JPG 090505-6.JPG 090505-3.JPG


何とかアメゴの姿が見れ一安心。

明日も行けるとの事なので
それに期待し終了に。

N氏の今年の釣果が楽しみである。

肱川水系 車中泊まり続き 09-05-04

朝は早めの目覚め。
少し寒いが清々しい気分である。

顔を洗い、出発。
移動し肱川水系へと向かう。

GWなので現地で場所取りを兼ねた朝食予定だ。

今日は、早めに帰るので
急ぎ朝食にする。少し雲行きが怪しくなってきた。

ここもやはり人が多い。
連れ合いと私の間に入らしてくれと
いう人もいる始末。

隣の県の人たちは、近くで釣ることに
あまり抵抗がないようだ。

090504.JPG 090504-7.JPG 090504-3.JPG

雨が降ったり止んだりの中、
ポイントを移動。

朝来る途中、餌釣りの人が居た所をやってみる。
しかしプレッシャーからか
川の隅の方で1度きりの反応。

上に居た連れ合いが呼んでいるようなので
彼女の元に行くと

深みに魚がゆらゆらと泳いでいる。
雨で活性が上がったのか底の方で
盛んに捕食活動をしているようだ。
それもまずまずのサイズ。

浮いたフライには、反応しないので
沈めて何度か流していると反応があった。


・・・・・・ん。

引きは強いが赤かった。

これがGW中、最大の魚となるとは。


090504-4.JPG 090504-5.JPG 090504-6.JPG


この川で、外道を釣ったことがなかったので
ショックは大きかった。
渓姿はいてもおかしくないのだが、
水温が低く夏も外道が釣れないと
どこぞのページに書いてあったが・・・

連れ合いに笑われながら早めの帰宅となった。

明日は、花粉症で出遅れているIさんが同行。
Iさんの初釣りはどうなるか。楽しみである。

四万十川水系 車中泊 09-05-03

今日から4間のの休み。

先ずは、四万十川水系 K谷から開始。
29日に連れ合いがアメゴはでるが
思うように釣れず終わったのでやり直し。
下流部をやってみる。

水量もさらに減ったし苦戦しそうでが
アメゴは沢山いるのは間違いない。
出てくれるかどうかが問題である。

ミッジがぱらぱらハッチしているのは
無視し大きめのフライで釣り上がる。

090503.JPG 090503-4.JPG 090503-5.JPG

深場では、沢山のアメゴが見える。
20〜23cmぐらいのも結構いるようだが
連れ合いの相手をしてくれない。

川通できなくなり、上がるがこれが大誤算。
急斜面を上がったが、道路へ出られずまた下る。
連れ合いは滑り落ちながら文句タラタラ。

ここで思わぬ時間と体力を失いながら
K谷をでて次へ向かう。

夕方まで休憩し、回復と連れ合いの機嫌を直す。
今日は、車泊まりなので機嫌が悪いと大変。

K川で夕方から再開。
ここでは連れ合いもアメゴの姿を見たようで
機嫌も直っていた。


090503-7.JPG 090503-8.JPG 090503-9.JPG


後は、夜釣りを堪能。
連れ合いは、ライズに興奮。
釣れなくても満足したようだ。

090503-10.JPG 090503-11.JPG 090503-12.JPG


すっかり遅くなったが、帰らなくて良いので楽である。
ビールとつまみを流し込み1日目を終えた。

高知県東部河川 09-05-02

今日から、連日の休みに入る。

が、用事で室戸へ。
用事は30分ほどの海洋深層水の給水。

終われば、某河川へ直行だ。

3日ほど前は良かったと言う。
大きいのも居たようなのだが、
その日のピークの時間帯は午後。

通う四万十水系よりは、水量は良い。

090502-2.JPG

この川ではちびっ子は出るが良型は出なかった。
いじめられたか腕の違いか?

隣の川も覗いて見る。

こちらはさらに水量が多い。

聞いていたピークの時間帯になると
反応が良い。

四万十川水系のように暗くなるまで
粘る必要なしと聞いたので
夕方を待たずに終了。

090502.JPG 090502-3.JPG 090502-4.JPG


久しぶりに来た川で
アメゴに遊んでもらえてよかった。
ここももう少しの間、楽しめそうである。

明日は四万十川水系へ
連れ合いと向かうことになる。

四万十川水系 GW釣りの始まり 09-04-29

私のゴールデンウィークの始まり。

楽しい釣三昧とはいかず30〜1日は仕事。
その後は楽しい釣りが出来るか?

釣果は期待せず、連れ合い、友人と楽しい釣りをしよう!


月曜日、岡スエ商店のショウちゃんから電話があり
楽しい釣場があるという。
それは午後のお楽しみ。

先ずは、四万十川水系K谷から。
同行者は連れ合い。

兵庫の0さんと釣った所に連れて行く予定が
間違えてしまい手前に着いてしまう。

しょうがないのでここから始めることに。
しかし直ぐに通らずになる。
おまけに連れ合いが巻けないので車に帰ると言う。

仕方ないので車に戻り、最初の目的の場所へ。
しかし川近くには、龍馬チームのH君の車が。

悩んだ挙句、H君の少し下流から開始。


090429.JPG 090429-2.JPG 090429-3.JPG

残念だが、大物を2匹ほどバラす。
姿が見えていただけに残念。引きも強かった。

県外からの釣人も見かけたので
ショウちゃん家へ。

楽しい釣場には、gaseさん N氏 T君が居た。
内容はgaseさんの釣行記で。

しばらくショウちゃんと様子を眺めていたが
連れ合いが上流へ釣りに行くという。

ここは彼女お気に入り。昨年釣ったからか

勝手知ったる場所なので、別れて入る。


090429-4.JPG 090429-5.JPG 090429-10.JPG


楽しい釣場へ戻ると
ビール片手に釣りをしていたN氏達も帰り支度。

私達は、別場所へ。
モンカゲが出ているがライズなし。
まだ早い? 期待は定例の19時頃か。
しかしそれまで待てず終了。

ショウちゃん情報有難う!
gaseさん N氏 T君 お疲れ様。

GW楽しい釣りをして下さい。

四万十川水系 本流釣査&・・・ 09-04-26

今日は、岡スヱ商店のショウちゃんの提案で
四万十川水系の釣査の日。

先ずは、masa君を迎えに行く。
時間は6時。

やまひろつりぐの店主に煽られ
6時に決まった。

愛媛県からのスプラッシュさんは
4時30分出のようである。

スプラッシュさんとの合流が7時ちょっと。

ここでmasa君がショウちゃんにTEL。

まだ寝起きのショウちゃんは、5時に寝たようだ。

釣りには早すぎるので、岡スヱ商店で朝御飯を食べることに。

この日は、寒く前日とは大違い。
気温も上がりそうにないのでどうなることやら。


岡スヱ商店でおいしい朝御飯を頂き、
釣査に出発。


先ずはY川から開始。

masa君とスプラッシュさん。(煙草を吸わないチーム)
ショウちゃんと私(オモイっきり吸うチーム)に別れ釣査を行う。


090426.JPG 090426-2.JPG 090426-3.JPG

私は、大風と寒さにテンション上がらず悪戦苦闘。



次は、ワンポイントなのでmasa君に任す。
しかし思わぬ邪魔者が・・・


090426-4.JPG 090426-5.JPG 090426-6.JPG


そしてここから下りY川K川合流で昼食にする。

ここでは風と寒さで戦意喪失の私たちを尻目に
masa君が立ち向かう。


その後、K川の2ケ所程でロッドを振る。

masa君、スプラッシュさんに良型が出たようだ。
ショウちゃんは良型を痛恨のバラシとなった。


風と寒さに悩まされながらの
楽しい釣りも夕方を迎える。

ここでしばしの休憩。空腹を満たす事に。


090426-7.JPG 090426-8.JPG 090426-9.JPG

腹に食料を流し込むんだ後、、
ライズを発見したりで少しテンションが上がり
ショウちゃん、masa君に良型の反応が。

スプラッシュさんはしっかり引き味を楽しんでいる。


ここからイブニングを迎えるべく
ショウちゃんの地元へ。

しかし今日は、ライズは期待できそうにない。
おまけに薄着だし・・・

090426-10.JPG 090426-11.JPG 090426-12.JPG

ここからさらに釣りは続くが
それはまたの機会に。


スプラッシュさん朝早くからご苦労さんでした。

masa君、ショウちゃんお疲れさん。

今日は本当に楽しい1日だった。



そういえば最後までアメゴの写真がない。


結局、私は泣きのボーズであった。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。