四万十水系 連れ合いの解禁! 09-03-21

今日は、連れ合いの解禁日。

ということは私はあまり釣りにならない。

連れる所へ行って。

の一言が私を悩ます。

とりあえず足場の良い場所からスタート。

気温も低くハッチもないと思いきや

ガガンボ、カゲロウが出ているが

ライズは無い。水量もいつもより多め。

あまりの反応のなさに
時間だけが過ぎ、気が付けば昼前。

この頃から気温も上昇気味。

気になる合流ポイントへ向かう。

今日は餌釣り師もいないので
連れ合いに合流ポイントをやってもらう。

私は、下流に下がるが釣るポイントもないので
遠目から様子伺い。

以前は、連れ合いの釣りを笑い転げながら
見ていたが、最近は何だか様になってきた。

と思っているとロッドが曲がっている。
取り込みもスムースにこなすと写真を撮る態勢に。

結構な銀化で興奮状態。
解禁で釣れたので満足のようだ。


昼食後、2ヶ所ほど廻ってみたが
工事の濁りなどで釣りにならず終了。

090321-3.JPG 090321-4.JPG 090321.JPG


翌日も、同じ四万十川水系へ。

雨が降る中、期待をするが芳しくない。

昨日の銀化よ もう一度とばかりに

大場所を3番ロッドで立ち向かう連れ合い。

反応もないので早めの終了とした。

090322.JPG


帰る道中、そういうたらアンタ釣った?

と聞かれ、小さいのを2〜3匹ほどと答えた私であった。

四万十川水系 祭日はどうだ 09-03-20

今日から3日間、釣りが出来る。

しかし、土日は連れ合いが一緒。
ゆっくり釣れるのは、今日だけ。

意気込んできたものの、水は多めで晴天。
おまけに風が強そうである。

やはり銀化アメゴを狙いたいので
本流から開始。

しばらく待つがライズする気配が微塵も無い。
浮いているアメゴも見えない。

おまけにこんな日は、花粉が気になる。

3ヶ所ほど見て廻るが、気配なし。

次で最後にしようと降りたのは、
いつか爆発するであろうと期待する場所。

ここも沈黙する中、滑る岩が沈む流れの脇で
ワンチャンスが訪れた。

しかし水中で、もがきながら針を外そうとアメゴ。
暴れる様子から去って行くまで丸見えだったので
ショックは大きかった。

日曜日、天気が崩れそうなので
それに期待するか・・・

090320.JPG 090320-2.JPG 090320-3.JPG

四万十川水系 厳しい〜 09-03-15

今日も四万十川水系へ。

目的地に到着すると 
何と、濁りが回復している。

釣りになりそうな雰囲気なので
masa君に連絡を入れるが
電波の届かない所に居るみたい。

しかし今朝は寒い。
車を止めた辺りにあった水溜りは氷が張っている。

1時間ほどやってみるが無反応。

次はこんな所で 

090315.JPG 090315-2.JPG


撃沈!


090315-3.JPG


消沈!


090315-4.JPG


音沙汰なし!


行きがけに覗いた川を最後にしようと
車を走らせる。


あれ! 今のmasa君?
すると後ろはスプラッシュさん達か。


気が付けばボの字。
解禁3週目に喰らってしまった。

まぁ、やりたい所をやっての結果やから

と自分に言い聞かす。


四万十川水系 寒い中 09-03-14

前日の雨量も気にせず、四万十川水系へ

日曜日、masa君、スプラッシュさんらが
向かう予定の上流の様子を見に行く。

別支流の川沿いを走りながら
これなら釣りになるかなと思いつつ
目的の場所へ到着。

しかしこちらは激濁り発生中。
すこし下って様子をみるがダメ。

こんどは上流向いて上がって行き
国道へ出て別支流へ向かう。

そういえば釣人も見当たらないし
雲行きも怪しい。

結局、入渓した場所は、
以前大物が出たという○下。

増水だか釣りが出来ないほどではない。
気になるのは天候。

最初から反応はなく、
少しすると雪が降り出した。

090314.JPG 090314-2.JPG 090314-3.JPG


普段は、手袋などしないが今日は耐えれない。

しかしこんなときに状況が良くことが
あるのを知っている。

それから反応は良くなるが、サイズが寂しい。

堰上のポイントではライズが始まった。

こちらもサイズが・・・

090314-4.JPG 090314-5.JPG 090314-6.JPG

寒いし写真を撮るのも大変で、これが最後とライズを狙う。

090314-8.JPG

少しサイズUPしたのでこれで切り良く終了。
まだこの状況は続きそうだが私には耐えられない。
風で帽子が三度ほどぶっ飛んだし・・・

帰ってmasa君に連絡を入れた。

「明日、釣りにならんで〜」

しかしこれがあだとなるのか・・・

仕事ついでのエソ釣り 09-03-11

1〜2ヶ月に1回の室戸への用事。

1時間ほどエソ釣りに興じる。

陸っぱりで釣るには、種崎あたりよりはサイズは良い。

そして沈める釣りの練習にもなる。

エソを狙って釣るのも私くらいか?

でもイメージ通り釣れればうれしい。

ここは、小さい港内。底は砂地が多い。


090311-1.jpg 090311-2.JPG 090311-3.JPG


帰りに東部の河川の水量を確認。


090311-4.JPG


しかし今日は雨が降ったのでどうなることやら。

日曜日は、銀化の遡りに期待したい。

四万十川水系 ライズ待ち 09-03-08

09年渓流解禁で来た四万十川水系。

今日は、その四万十川水系でライズを探す。

解禁日は厳しくライズに当たらずじまい。
何とかライズの釣りを楽しみたいものだ。

まずは様子見のポイントへ。

090308.JPG 090308-2.JPG

ここは解禁日にも覗いたが、
昨年の今頃も良い釣りができた場所。

解禁日より水量は減ったがそれでも少し多い。

川原へ降りるあたりの草木には 

      ↓

090308-0.JPG こんなのを
 目にするとは・・・







時間も早いしライズを待つどころか早々に終了。

巻き返しでチビしかでなかった。

090308-3.JPG 090308-4.JPG

天候は曇りで今にも雨が落ちてきそうな感じ。
ライズを期待し移動。

川沿いを走りながら場所を探していると
結構、下流まで来てしまった。

090308-5.JPG 090308-6.JPG

後はここで何年ぶりかの腰を据えてのライズ待ち。
最近は移動して探すのが多いのでじっくり待てるか?

ガガンボ、コカゲロウなど見えるが一向にライズしそうにない。

やはりじっくり待てず、流れの脇を打ってみる。

少し上流へ移動したとき、魚が跳ねる。
少し待つが次が無い。
とりあえず打ってみるか。

魚が浮いてきたので合わすが何か変だ。

090308-7.JPG

何〜銀化じゃない。
この流れでこのアメゴか。

気を取り直し次へ。
しかし次も同じようなアメゴ。
それがさらに続く。
たまに跳ねるのは同じようなアメゴなのか?


これが続いたのでライズを待つ気はさらさらなくなり
アウトリガーで底を狙いながら下がる。
この流れに銀化が入っていないはずはない。

同じ場所での上下移動の繰り返し。
忘れた頃に魚が跳ねるのが見える。

これは少しましか?

岸へ寄せたのは待望の銀化。
エイ顔をしているそして腹ボテ。

春の四万十川はこれやね。
と笑みがこぼれる。

090308-8.JPG 090308-10.JPG 090308-12.JPG

気が付けば、下のポイントにルアーマンが。
そういえば昼も食べてなかった。

聞けば地元だと言うルアーマン。
話をしながら彼の釣った
アメゴの写真を見せてもらうと

やっぱりこの辺りははずせない
と思わせてくれるアメゴたちであった。


09年最初の吉野川水系釣行  09-03-07

前日までの雨で何処へ行こうか悩んでいたが、
用事ができてしまった。

ガーミン 日本地図 英語版を格納したマップソースと
いうソフトとにらめっこしながら近場の川を探す。

090307-0.jpg GPSとPCに格納し
 ている地図。
 データーのやり取りが出来る




 


楽に入れて近い場所。の条件で川を決めた。

遊魚券購入と少しだけ様子を見てみようと
家から1時間足らずの吉野川水系へ。

昨年夏来て以来の川

しかし軽トラが1台。
川を覗くと釣人が・・・

さらに軽トラが3台ほど林道を
飛ばしながら奥へ向かった。

今更別へ行く時間も無いので
軽くやってみた。
水量は多め、そして寒い。

090307-1.JPG 090307-2.JPG 090307-3.JPG

季節はずれの巨大な蜂の巣を発見。
そして釣りを終える。

アメゴは3匹ほど。小さいが元気いっぱいで
巻き返しから飛び出した。

アメゴはそこそこいるようである。

090307-4.JPG 090307-5.JPG 090307-6.JPG

帰り道、一息つきながら
明日は何処へ思案する。

四万十川水系でライズ待ち。
そして銀化を狙ってみることにしよう。

帰ってグーグルアースで見てみると
移動軌跡はこんな感じ。

090307.jpg

さて何処でしょう?

09年渓流解禁後の東部水系は?

ご近所さんの師匠T氏が、Mくんと
東部水系の川へ行ったようです。
2人で40〜50くらい掛けたということ。

最高は25cm、ガガンボ→フタバ→ヒラタ
とハッチがあったようです。

というのは、雨前の話。

増水気味の所へこの雨。
週末はどこへ行こうか国土交通省のページとにらめっこ中。

ほんま何処行こう。


四万十川水系 09年渓流解禁のつづき

朝からポイントには餌釣りの方々。

まずは、人のいない所から開始。

090301.JPG

水量は多く立ち込むとよろけてしまう。

コカゲロウがパラパラのパぐらいは見える。
まだライズする時間帯ではない。

30〜40分ほどで移動。

次に向かう途中で川を覗いていると
見慣れた車が走り去る。

この方角は、ライズポイントへ向かうルート。
あわてて後を追う。

車の主はH君。この辺りでは良く見かける顔。
2人で話しながら川を見ているがライズはない。

上流を見るとフライマンが1人立ち込んでいる。
ここもライズポイント。

その上のポイントへ入るわ。とH君と別れるが
立ち込んでいたフライマンが
上流へ移動し始めたのを見たので諦め別の川へ。

目ぼしいポイントには餌釣りの人達。
こちらの川の方が放流量が多いことを知っているようだ。

空いたポイントへ入るが、
餌釣りの人が釣った後かも知れない。
と思うとライズでもないとやる気がでない。

1時間ほどやってみたがライズもなく空しく退却。

ここへ来るまでに人のいなかった場所へ向かう。

川沿いを走りながら見ていると
行きに見かけた餌釣りの人がフライマンに変わっていた。

良く見るとNさんにSさんのようだ。
今日は入れ替わり立ち代わり人が動いているようだ。
餌釣りの人も釣れていないのだろうか?

向かった先もすでに人が入っている。

ここで遅めの昼食。ライズ狙いは諦め
人のあまりこない枝の川でボーズ回避を図る。

090301-2.JPG

いつもより見通しの良い川を釣り上がる。

ここは小さいながら数が出る場所。
当たれば良型も出る。

やはり今までの反応がうそのように
小さいのがポンポン飛び出す。

090301-3.JPG このサイズはかなりいる
 こんなのを釣ったりバラシたり
 しながら釣り上がっていく






川が狭いし水量があるため写真を撮るのに苦労する。
おまけに再生したばかりのチビまで元気に出だした。

渓流解禁日はこんな感じで終了。

090301-5.JPG 090301-8.JPG 090301-10.JPG

餌釣りの人も多かったが、フライマンも多かった。
やまひろチームもいたし龍馬チームも。
いつもの年より今年は人が多そうな気がする。

皆さん今年も良い釣りを楽しんでください。


2009年 高知県渓流解禁 09-03-01

待ちに待った09年の渓流解禁。

皆さん思い思いの場所で儀式を行ったことでしょう。

私は、四万十川水系へ。

いや〜 3月1日の日曜日解禁。

今まで渓流解禁でこれ程の人を見たことがなかった。

儀式と言いながら、今シーズンの始まり。
今年を占う意味でもアメゴの姿を見たい。

結果、 ↓ が移動した内容。

090301-0.jpg

GARMINの移動軌跡をグーグルアースに取り込んで見ました。

GPSを色々試す余裕もなく、ハッチ ライズも見当たらない。


移動をする中、ライズは諦め次のポイントを探す。


つづく・・・・



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。